ffxiv_20181008_205907

どうも、無事3週目(10/8)での零式踏破を成し遂げたNegiです

はじめての黒、はじめての固定、はじめての早期(?)での攻略ということで感想やらを書いてみようかと

はじめての黒

”やっぱり”黒は面白かったというのが率直な感想です
なぜ面白いかは前回の記事でも機工士を執拗にsageながら書きましたが、だいたい同じ感想です


三連魔、迅速魔、エーテリアルステップ、ラインズステップ・・・
DPSに”直接”寄与しないアクションが多いからこそ、リキャストごとに使うことありきで無く、こちらから柔軟にレイドへと対応することが出来る・・・


3.xの機工士にあったような”ギミックの対応のためにProcを温存する”といった行動にも意味があり、そのProcを確定で発生させる手段まで用意されている・・・
試行錯誤の末に全てがガッチリとハマったときの快感は計り知れないものがありました・・・

機工士にあった要素も・・・何故消えたのか


とにかくやればやるほどプレイフィールという点における完成度の高さを思い知らされるジョブですね
面白くプレイ出来るようにという配慮をひしひしと感じる次第でございました
開発に黒魔道士が好きな人がいるんやろなぁ・・・


強さにおいても、調整のかいあってか全く問題は感じませんでした
もし自分が赤だったらもう少しクリア早かったんだろうかとも思いましたが、DPSはかなりギリギリだったので一概にそうとも言えないのでは無いかと

や召喚では出せなかったDPSを出していたとある程度自負しております。ええ。

はじめての固定 はじめての早期(?)

こちらは正直に言うと疲れました
平均して週4くらいで攻略してたと思うんですが、まーー疲れましたね


特に、わたくしG600を使用してプレイしてるんですが、今回の零式でなんと腱鞘炎デバフが付きました^^;

途中からはバンテリンをぬりぬりしながらの攻略だったんですが、後になって持病の喘息によろしくないということを知りまして・・・
今考えてみると攻略中ちょっと息苦しかった気がする。色んな意味で。


というのは半分冗談で、雰囲気はそれほど悪くなく攻略出来た気がしますね!
疲れも腱鞘炎も事実ですが、楽しく攻略出来たのは間違いないです

もしデルタ編の時点で固定を経験していたら、そのままアルファ編まで固定でやっていただろうと断言できるくらい固定の楽しさや利点を体験させてもらいました


腱鞘炎については未だに痛みますが、だいぶ快方に向かってると勝手に信じています・・・
病院に行けという話ですね

今後について

ひとまず4.xの零式はこれで終わりなわけですね
黒の楽しさも身にしみたわけだし、5.xも黒で固定を・・・と言いたいところではあるんですが、そこは少し悩んでいます

というのは、やっぱり機工士に対する謎の愛着が捨てきれないのが大きいですね
このブログでもさんざんdisってきましたが、まぁ愛ゆえにということで・・・

5.0での改修に期待している機工士諸兄は多いはずです
かくいう私もその一人なわけで・・・

いざ5.0が来て機工士が改修されていなかった場合、このゲームに対するモチベーションを維持する自信が無いのです

逆に機工士が面白く改修されていれば間違いなく機工士をプレイするでしょうし、どちらにせよ”黒で5.xをプレイする”という未来は無さそうな気がしています


まぁあくまで今の所の話です
気分屋なので、こんなこと言っときながら5.xでウッキウキでファイジャ撃ってる世界線もあるんじゃないかと^^


あと、消化が一段落したらいったん課金を辞めることも考えています
というのも今FF11が強烈にやりたい!!

来月にはウェルカムバックキャンペーン(無料期間)もあるだろうし、そのまましばらくは11民になる可能性もありありのありですね

あとはエウレカ次第かな?


とまぁ4.xが一段落したのでいろいろと書いてみました
毎回思ってて結局実現してないですが、もう少し更新頻度上げたいですね・・・


今回はこの辺で。読んでいただいてありがとうございました!
ffxiv_20181008_210016


いろいろ呟いてます!ぜひ。